The scientific focus adapted
to express the optimum potential
of your molecule

Marketing:
Unparalleled vision in metabolic disorders and risk assessment expertise for post-marketing studies and drug repositioning.

HeartArteryMacrophageLiverMusclePancreasAdipose Tissue

Preclinical development:
In-house predictive models and tracer technologies enable the generation of Proof of Concept efficacy data for your drugs.

Discovery:
Screening and lead validation utilize a dedicated research platform which combine with our focused scientific vision.

Home > ja > Company and services overview (ja)

Company and services overview

フィジオジエネックスは、生体内薬物動態評価そして栄養学的見地から比類のないコンサルタント業務及び研究へのサポートを行います。特に糖尿病、肥満、肝臓疾患(非アルコール性脂肪肝炎)、脂質異常症、動脈硬化及び心血管合併症のような代謝性疾患を専門としています。

単なる開発業務委託機関ではなく、我々は貴社の信頼出来る研究開発のパートナーとして、我々の専門性を貴社の薬剤開発プロジェクトのさらなる前進をサポートします。

我々の動物モデルを始めとした研究の技術と手法は常に各種国際学会にて他の研究とともに最新の知見から更新を得ており、その信頼性は近年出版された一流の科学論文に掲載されていることからも御理解をいただけると考えます。これらの研究の各種の手法を貴社の臨床前開発、マーケティング後の追加研究に柔軟にカスタマイズして御利用いただけます。

主要な臨床前サービス:

当社の動物in vivoモデル(マウス、ラット、ハムスター)を用いた、肥満/糖尿病/脂質代謝異常/非アルコール性脂肪肝炎
  • 遺伝子(標的遺伝子導入)の疾患動物モデル
  • 薬剤誘発性の疾患動物モデル(STZ, CCl4, DEN)
  • 食餌誘発性の疾患動物モデル
In vivo: 動物体内機能試験
  • 脂質/グルコース/インスリン負荷試験
  • グルコースクランプ法を用いを放射性トリチウム標識グルコース(流出入)、または炭素14で標識された2−デオキシグルコース(グルコースの組織への取り込み)の評価
  • 中性脂肪、コレステロールの腸管吸収の評価
  • コレステロール逆転送/マクロファージから便中への排出の評価
  • HDLまたはLDL由来のコレステロールの体外排出、もしくはその代謝の評価
  • 画像評価サービス(VCAM-1の炎症性動脈硬化プラークや肝臓における評価)
Ex vivo:生体外試験
  • グルコース取り込み評価
  • 遊離脂肪酸の酸化評価
  • 脂肪分解評価
In vitro:基礎的細胞実験
  • 生化学分析、肝臓機能検査(ALT, AST)、ホルモン(インスリン、アディポネクチン、レプティン)、血中もしくは組織中の脂質、サイトカインそしてその他のELISAアッセイ
  • 組織学的評価とNASスコア評価
  • 腸管の微生物の詳細の評価

実験モデル– ファクトシート

食餌誘発性マウスにおける研究対象のインクレチン関連治療薬とSGLT2阻害剤の差別化:

競合会社製品に対する研究対象の医薬品を動物体内動態実験を用い、更なる詳細な優位点を明らかにします。

glp-1 analogues and sglt2i in dio mice (japanese)

食餌誘発性 肥満マウス            (60%脂肪、D12492)

2型糖尿病、肥満を研究するための食餌誘発性インスリン抵抗性マウス

Dio mouse model japanese

食餌誘発性非アルコール性脂肪肝炎及び肝繊維化マウスモデル

非常に特別な当社特有の食餌誘発性非アルコール性脂肪肝炎及び肝繊維化、またはインスリン抵抗性マウスモデル。

Physiogenex Diet-Induced NASH obese insulin resistant mouse model japanese

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の食餌誘導性ハムスターモデル

半合成胆汁酸アナログであるオベチコール酸(OCA)を対象薬と比較することで、NASHおよび肝線維症を標的とする新薬評価を可能にするユニークな当社独自開発の食餌誘発性ハムスターモデルによる評価系を確立しました。

Physiogenex Diet-Induced NASH hamster model - japanese